日系企業ではなくアメリカ企業・外資系企業で働くという事

日本人がアメリカで働こうとすると様々な壁にぶつかることは間違いありません。言語の違いによるコミュニケーション能力、仕事の種類による就労ビザが取得できるかなど現地採用のアメリカ人と比較した場合、就職するのは難しいと感じることも少なくないと思います。

 

日系の企業であれば、日本語を活かす仕事もあり、むしろ歓迎される場合もあると思いますが、アメリカ企業・外資企業で働くために必要な事を紹介します。アメリカは世界の世界最大の市場が存在する国です。その為、世界から莫大の輸入品が入ってくると同時に様々な輸出品を世界に提供しています。

 

その為、グローバル化が進み、現地以外の国の人材も豊富に必要になってきます。アメリカの主要産業のほとんどはサービス業ですが、最先端の技術が必要な製造業や大規模経営による農業が世界に対する強みです。

 

現地企業の特徴として挙げられるのは、成果主義、社員の流動性、専門技術を身につけたスペシャリストの必要性、年齢や国籍の自由度です。即戦力として、成果がすぐに見込みがある人材は積極的に登用されますが、その分、社員の入退は激しいです。

 

特に必要とされているのが、広く浅い知識を持っている人ではなく、一つの事に絶対的な技術も持つスペシャリストです。専門技術を持っていれば、それが活かせる会社は非常に多く採用につながる可能性が高くなります。また言語も問題がなければ、国籍や年齢なく採用、登用されますので自分を正確に分析して自分の技術を活かせる会社を探しましょう。