ビジネスの場なら、アメリカでもきちんとしたマナーも守ろう

日本は、礼儀やマナーを重んじる国ですから、もちろん就職や転職活動をする際には、面接のときにきちんとマナーを守って臨まれるのが当たり前のこととして考えられています。しかし、海外ではマナーは一応あったとしても、日本ほど厳しく考えられていないと思っている方も多いのではないでしょうか。

 

特に、アメリカで留学経験がある方の場合には、変にアメリカにかぶれてしまってマナーを全く守らなくなってしまう方も少なくないのです。
そのため、就職活動をするにあたっても、すごく行儀が悪い態度で臨んでしまったり、きちんとスーツを着ずに服装もいい加減だったり、面接中にも関わらずペットボトルを持ったままや、ガムを噛みながら臨んでしまう方も少なくはないのです。

 

しかし、アメリカだとは言えビジネスの場ではそういったいい加減な態度は決して許される事ではありません。もちろん、現地採用でも仕事さえできていれば他は気にしない企業もあるかもしれませんが、ほとんどの企業では面接者はきちんとスーツを着て丁寧な言葉を使い、ビジネスマナーを守っているのです。
ですから、いくらアメリカだからといって特にマナーを守らなくても良いわけではないということはきちんと頭に入れておいてほしいのです。
どの国でも、就職や転職をする際の面接では、きちんとマナーを守ることが日本と同様に、当然のこととしておこなわれているのです。