日本人がどうしても必要な仕事、そこに転職のチャンスあり

日本の企業から、アメリカの支社や営業所、グループ会社などに駐在員を派遣するのは、その仕事やポジションにつくのが日本人でなくてはならないからです。

 

こうした、「日本人だからこそ」というような仕事は、駐在員だけではなく、現地採用の場合にももちろんありますから、そういった職種もとても狙い目だったりするのです。

 

例えば、寿司職人を始めとする日本食レストランのシェフだったり、アメリカ在住の日本人のために発行しているフリーペーパーや新聞などを作る会社、さらにはこれから先日本に進出しようと考えているアメリカの会社などが挙げられます。

 

日本人が求められる理由は、ネイティブな日本語が話せる、読み書きができる、さらには日本人だからこその細かいテクニックを持っている、日本の文化や日本の情勢、業界などの知識が豊富、といったアメリカ人が持っていないようなスキルを持っているからなのです。

 

そのため、日本で何かしらの専門的な資格を持っていたり、豊富な知識やスキルがある場合には、その人しか出来ない能力をかわれてアメリカでの就職先が見つかりやすいことも考えられるのです。

 

アメリカで就職や転職をするのであれば、英語が話せて読み書きもできることは誰しもが当然持っているスキルであるということを踏まえた上で、それ以外のスキルについても磨いていく必要があると言えます。

 

そうすれば、自ずとアメリカでの就職のチャンスもどんどん増えていきます。