アメリカの企業と日本企業のワークスタイル・文化の違い

世界各国に独自の文化があることからも想像に難くないのですが、アメリカと日本の企業を比較してみた場合のワークスタイルにも違いが如実に表れます。アメリカと日本の企業間のワークスタイルにおいて最も異なると感じられるのは、従業員各々に与えられた仕事の範囲内のみに没頭するということに尽きます。

 

自身に与えられた役割を忠実にこなすことこそがチームへの貢献度が高くなると信じている傾向にあるアメリカ人は、仕事仲間が残業することが確定的になっても定時になればそそくさとかえるワークスタイルであることが多いです。残業することになる仕事仲間に対しての印象が良くないわけではなくて、自身の役割を果たしさえすれば問題はないとするアメリカ独自のワークスタイルが影響しています。一方で、日本の企業では困っている仕事仲間がいれば自身の役割を果たした上で率先して協力することが多くあります。

 

文化面においても、アメリカと日本の企業では大きな違いがあります。それは、アメリカの企業に属する従業員は残業することを極端に好まない点です。能力が高い労働者は往々にして定時になるまでに仕事を片付ける傾向があるので、それが達成できているのか否かが評価の対象となります。他方、日本の企業の文化としては残業してでも仕事仲間と同じ達成感を共有できているのかどうかが上司からの心証を決めます。
どちらにせよ、文化や働き方が自身にマッチした場所で働くのが一番です。